故障・データ消去etc…PCトラブル解決策

windowsが起動しない場合の対策ガイド  » windowsが起動しない場合の対処法 » 起動ロゴの途中で停止

起動ロゴの途中で停止

起動ロゴ途中で停止する原因と対処法

OSの起動メーターが表示されたり、起動ロゴが表示されてから停止してしまう場合、そのほとんどがレジストリやシステムファイルに原因がある論理障害だと言えます。また、ウィルスに感染した際も停止してしまうことがあるので、注意して判断する必要があります。

この症状を解決するためには、電源を入れてすぐに「F8」キーを押し続けます。これによって起動選択メニューが表示されるので、その中から「前回正常起動時の構成」を選択して起動を試みて下さい。これで起動できない場合は「セーフモード」を選択して、同様に起動を試みて下さい。もし「セーフモード」で起動できるならば、自力で復旧させることもできるでしょう。

このどちらでも起動できない場合はHDD内の起動部分のプログラムが壊れている可能性があるので、OSを再インストールして復旧させるという手段があります。ただこの場合、ハードディスクのデータを消失してしまう場合があるので、そのリスクを負いたくない場合は業者に依頼するべきだと思います。

マウスカーソル表示後に停止した際の対処法

マウスカーソルが表示してから停止や、デスクトップ画面が出ない場合は、セーフモードなどで起動を確認して下さい。

Ctrl+Shift+ Escでタスクマネージャを起動して、EXPLORER.EXE終了後にタスク マネージャのファイル-新しいタスクの実行-%systemroot%\explorer.exeを入力して「OK」で、 スタートボタンとタスクバーが出るか確認して下さい。これでも動かない場合は、データ復旧業者に依頼すべきです。

論理障害と物理障害

前述した論理障害とは、PC本体は故障していないにも関わらず、内部の機能に障害が発生してしまうことを指して言います。ファイルの損傷や誤インストール、ウィルスなどがこの障害に当てはまりますが、対応によっては復旧させることが出来ます。

一方で物理障害とは、磁気ヘッドに問題がある場合やハードディスクの機械的・電気的故障、つまり本体自体の故障のことを指して言います。

PCやハードディスクから異音がしたり、水没させてしまったりするのはこの障害に当てはまります。この場合は、自力でデータを復旧させる事はまず不可能です。しかし、復旧業者に依頼すればかなりの高確率で復旧してもらえるので、即依頼することをおすすめします。

技術力に定評のあるデータ復旧業者を紹介しています>>>

 
windowsが起動しない!PC最速復旧術