故障・データ消去etc…PCトラブル解決策

windowsが起動しない場合の対策ガイド  » windowsが起動しない場合の対処法 » 画面に何も表示されない

画面に何も表示されない

画面が表示されない原因

電源スイッチを押しても画面が真っ黒で何も表示されなかったという経験はありませんか?

PCが動かないというトラブル事例の原因のほとんどは、電源ケーブルが外れていたり、差し込みが甘かったりなど電源周りのチェック不足によって引き起こされることが多いです。しかし、これが原因で無い場合はパソコンの故障の可能性が高くなります。

ちなみに、電源スイッチを押したにも関わらず、作動音が聞こえず、画面が表示されない場合と、作動音は聞こえるものの画面が表示されない場合の2パターンがありますが、それぞれの対処法を以下にまとめておきます。

画面表示の復旧法

作動音が聞こえず、画面が表示されない

電源周りや無停電電源装置、落雷防御装置使用時のヒューズを確認したうえで、電源スイッチを押して電源ランプが点灯するかどうかを確認して下さい。PCの電源周りに問題が無くマザーボードに故障が無い場合は、電源を入れると「ピポッ」という音が一回鳴り、作動音が聞こえるはずです。

もしディスプレーが故障している場合でも、PC本体の故障でなければ何らかの作動音が発生します。音も聞こえず画面に何も表示されない場合は、電源ユニット、ACアダプターの故障、電源スイッチ部分の接続不良・断線、マザーボードの故障が考えられます。この場合はメーカーへ問い合わせてください。

作動音は聞こえるが、画面が表示されない

電源スイッチを押して聞こえる音によって問題箇所を絞り込むことができます。「ピポッ」という音が一度聞こえる場合は上記の通りですが、「ブ・ブ・ブ」という断続音が聞こえる場合は、ビデオカードの装着不良、メモリの装着不良、ハードディスクのケーブルが外れている、マザーボード上のユニットの故障など、PC本体に故障や異常が発生している可能性が高いです。この場合はデータ復旧業者に任せることをおすすめします。

パソコンのデータを今すぐ復旧したい方はこちら>>>

 
windowsが起動しない!PC最速復旧術