故障・データ消去etc…PCトラブル解決策

windowsが起動しない場合の対策ガイド  » windowsが起動しない場合の対処法 » POST終了後に停止

POST終了後に停止

原因と対処法

POSTチェックの終了した後に動作が止まってしまうことがあります。これはマザーボードに取り付けているデバイス(接続機器)が競合している可能性が高いです。

特に拡張スロットに多くのカードを挿したりするとより起こりやすくなるとされています。これはIRQが不足するためです。

IRQとは、各デバイスが入出力処理を実行する為にCPUを呼び出すリクエスト信号のことで0~15の16個ありますが、拡張カードなどで利用できるのはこの一部。本来PCIなどの拡張スロットではOSが自動的に割り振って競合しないようにされていますが、中には起こることもあります。

この場合新しく付けたデバイスが原因と思われるのでこれを取り除きパソコンを起動して下さい。もし正常に動作するようでしたら、やはりそのデバイスが原因だということになります。

そのデバイスのデータがどうしても必要であるならば、別のPCIスロットに挿してみたり、手動でIRQを割り当ててみたりしてください。

マザーボードに問題がある場合の対処法

  • DISK BOOT FAILURE, INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTERと表示される場合は、起動できるOSがありません。OSのインストールを行ってください
  • NTLDR is Missing と表示される場合は、ブートローダが破損されています。OSの修復セットアップを行って下さい。
  • 起動ディスクではないディスクが入ったままになっている場合は、抜いてから再起動して下さい。

もし上記を試してみても改善が見込めない場合は、CPU・メモリ・マザーボード・ビデオーカード・HDD・CD-ROM・IDEケーブル・ケースおよび電源ユニットの故障が原因と考えられます。

この場合は自分で対処するのではなく、データ復旧業者に診断してもらったほうが良いですね。

スピード診断してくれる復旧業者を探す>>>

 
windowsが起動しない!PC最速復旧術