故障・データ消去etc…PCトラブル解決策

windowsが起動しない場合の対策ガイド  » 自己流データ復元の限界 » 自分で出来る復旧法

自分で出来る復旧法

論理障害を自分で復旧する

PC本体は故障していないにも関わらず、内部の機能に障害が発生してしまうことを論理障害と言います。

必要なファイルを誤って削除した上、ゴミ箱を空にしてしまった。
ドライブをフォーマットしてしまった。
ウィルス感染を引き起こしてしまった。
内臓ハードディスクを増設したら正常にうごかなくなってしまった。
「不明なファイルシステムです」など極めて危険な匂いのするメッセージが表示された
デジタルカメラ上で写真を閲覧している時に誤ってフォーマットしてしまった。

これらのような論理障害の場合は、ほぼ100%データを復旧、復元させることができます。この場合、市販のソフト、場合によってはフリーソフトでもかなりの確率でデータ復旧することが可能です。

パソコンだけではなくデジカメのフラッシュメモリーや外付けハードディスクでも大丈夫でしょう。

しかし、下記に該当するような無駄な抵抗をすでに行ってしまった場合はその確率が低くなってしまうので、注意が必要です。

あらかじめ搭載されているファイルシステムの復元で復元ポイントに戻そうとした。
いつものエラーだろうと思い、いつもはしないスキャンディスクやデフラグなどをしてしまった。
フォーマット後デジカメの写真を復元しようといろいろ触っているうちに写真を撮影してしまった。
少しパソコンに詳しいが為に無駄な抵抗を行ってしまった。

この場合は自力でなんとかしようと試みるのではなく、素直に専門の業者へ依頼するのが得策のようです。

自力で復旧する際のメリット・デメリット

上述したように、論理障害の場合は自力でもかなりの確率で復旧に成功します。

しかし、市販のソフトがあるとは言え、やはり素人のやることです。決して十分な成果が上がることは保証されていないのです。

特に市販復旧ソフトやフリーソフトなどでデータ復旧を試みさらに失敗した場合などはあとから専門の業者さんにデータ復旧を依頼しても難しい場合があります。

ですから、自分のパソコンの画像データを取り戻す程度であれば構いませんが、仕事上の重要なデータ等は決して自分で復旧させようとは思わない事です。

料金は掛かりますが、復旧したいデータに万が一のことが起こって取り返しのつかない事になってしまう事を考えれば、リスクヘッジをする意味でも専門の業者に依頼すべきなのです。

 
windowsが起動しない!PC最速復旧術